スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦後

 21, 2016 21:58
DSC_8607 (2) (1024x725)

私が一番お世話になった
ダイスキな伯父夫婦の家は
母の生家でもあり
よく小さい頃は泊りにいったものだ

コシヒカリで有名な南魚沼市にあり
旧家でかなり年期の入った家だ

伯父さんは3年前に他界

そして連れ合いの伯母さんも
かなり弱っているとの連絡を受けて
久しぶりに訪れた

よく母親から聞かされていた
「伯父はロシアにいたから
お酒が強くなった」

の意味を今回の訪問で
はじめて理解した

無口でぶっきらぼうで温かかった伯父の
笑顔が想い出された

私に苦労を語ることは一切無かった


大変だったねと

生きてるうちに
声をかけてあげたかったな

戦後70年とちょっと…



伯母は随分弱っているのに
相変わらず
気を使って暮らしている

春に玄関前の大きなしだれ櫻が咲いたら
自宅に外泊できると説得されて
それを楽しみにしている伯母の姿が
切なかった

子供の頃のはつらつとしていた伯母の姿が
懐かしい

櫻が咲いたら
写真を撮って引き伸ばして
見せてあげようかな
















スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。